2016年10月現在で、全国に600軒ほどあり、ここ2年ほどで急増している今、話題のゲストハウスとは?

①基本的には、宿泊のみの素泊まり

②寝るところは、ドミトリーと呼ばれる相部屋が多い。

③キッチン、トイレ、シャワーと言った水回りの設備は、他のゲスト(宿泊者)と共有で使う。

④共有のロビーやリビング、またゲストハウス運営の併設してるカフェなどあり、ゲスト同士や地元の方達も利用するスペースが充実している。

⑤旅館やホテルと比べると、設備やサービスはシンプルなものが多いが、その分宿泊料金を節約できる。

⑥空き家・空き施設、商業ビル、古民家などを活用し、改修・改装して、営業している所が多い。

というのが、一般的なゲストハウスです。

そして、

ここ ゲストハウス ELEVEN VILLAGE 吹屋は、

そのほかにも、
以下のようなこだわりが沢山詰まったゲストハウスです!

地産地消なご飯

基本的には、宿泊は素泊まりでですが、事前にご予約をしていただきましたら、

地産地消のお野菜中心のオーガニックなご飯を準備させていただきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

全部屋が個室

当ゲストハウスは、全部屋が個室です。しかも、結構グレードが高いです。

トイレ4つ、お風呂は大浴場

トイレは、1階に2つ。2階に2つ。合計4つ。

お風呂は、家族で入浴できる大浴場です


共有のリビングには、大きな暖炉!

共有のリビングには、大きな暖炉があり、火を囲み、まるでみんなで大きな家族みたいに交流してます。

設備も良い!

設備も、サービスも、けっこうグレードが高いです。

遊休施設を活用しました!

2009年から遊休施設になっていた旧国際交流ヴィラを活用し、クラウドファンディングを成功させて、復活させました!


ほんとうの豊かさ

標高550mの山のてっぺん

大自然の中に当ゲストハウスはあります。

日本の原風景が今でも残るThe田舎なので、

スローな時間が流れているのは、もちろんのこと、

今でもあたたかい人と人との繋がりを感じれます。

古き良きものを大切さ

今のなお、古き良き町並みが残る、国が指定する重要「吹屋ふるさと村」

その街並みの中に当ゲストハウスはあります。

昔から伝わるものを大切にし、

また大量生産されたものより、11つ気持ちを込めた作ったものを大切にしています。

オーガニック

当ゲストハウスでは、オーガニックなものを置いています。

地球環境や身体のことを考え、

共有の調味料(さしすせそ)、シーツなどのリネン類、シャンプー・リンスなどのアメニティ類、

全てオーガニックなものを揃えています。


家族

当ゲストハウスは、家族も安心して宿泊できます。

木で囲まれた 優しく 温かく、吹き抜けの開放的な空間。

そして、素足でも快適。かつ寝そべっても、幸せ。

1部屋1部屋が個室となっており、家族向けのゲストハウスなので、

小さなお子さまが騒いだり、泣いたりしても、大丈夫です。

家族みんなで入浴できる大浴場もあったり、

布オムツを干せるパラソル、紙オムツのゴミ箱、共有の洗濯機、洗濯干しスペースがあり、

子どもが遊ぶ木のオモチャやレゴなども置いてあります。

 

またハイランドマウンテンという無料で遊べる遊戯場(穴場!)もあります。

好きなことで生きていく

ゲストハウスのオーナー自身、3年目の2012年まで会社勤務していましたが、あることをきっかけに、自営の道に進みました。

 

たった3年でオーガニックカフェを経営後、ゲストハウスを経営。また、有り難いことに、メディアにも多く取り上げていただいてます。

 

そして、結果だけ見ると華やかですが、正直な話、苦労も多いです。だからこそ、本気で自分の好きなことで生きて生きたい人は、全力で応援したい!

 

そして、その応援が、私自身の夢にもなります。ELEVEN VILLAGE 夢ものがたり